時を紡ぐ~Japan~


日本人ですから、日本について何かしら書きたいのですよ(笑)

時を紡ぐ~Japan~

信長と家康の同盟、その前に家康と秀吉の謎(2)

家康と秀吉の両方に深く関わった者達は尽く消えて行く。俗に言われる「家康の陰謀」。 松下之綱と家康と秀吉の関係は、之綱の松下家と縁を結んだ柳生家に門外不出の極秘文書として伝わった。 それが、柳生新陰流の真の秘伝書・・・なんて事なら凄いけど・笑
時を紡ぐ~Japan~

信長と家康の同盟、その前に家康と秀吉の謎(1)

豊臣秀吉と徳川家康。この二人に微妙に絡む松下之綱。この3人の関係性を知るには、鎌倉時代まで遡らなければならない。 歴史は単純じゃない。血脈を知らないと理解出来ないことがたくさんある。 全ての事象に歴史的な意味がある。人の縁は実に不思議だ。
時を紡ぐ~Japan~

信長と家康の同盟、その前に”織田・浅井同盟”あり

楽市・楽座は信長の発案ではなく、その初見は天文18年(1549年)の近江・観音寺城城下に於ける楽市令とされる。 始めたのは当時の近江守護職・六角定頼。 定頼の嫡男承禎は、後に安土で楽市楽座を行う信長と幾度となく戦い、名門六角は終焉する。
時を紡ぐ~Japan~

円の話

1871年に1米国ドル=1日本円でドル円相場はスタートした。 150年以上が過ぎた現在、1米国ドルは150日本円前後で推移している。物凄い円安である。何故こうなったのか。 通貨のマジックなのだけど、兎に角、自国通貨の弱さを喜ぶ国の未来は暗い。
時を紡ぐ~Japan~

信長と家康の同盟、その前に”弾正同盟”あり

三好長慶は、畿内6ヶ国、四国3ヶ国の計9ヶ国。更に、播磨、伊予、土佐の一部を支配下に収めた大大名。 そして、信長よりも先に将軍家を傀儡にして天下を掌握した。 長慶の最重臣・松永久秀は、家柄もなく実力だけでのし上がり、次の天下人を狙える位置にいた。
時を紡ぐ~Japan~

信長と家康の同盟、その前に武田あり

武田信玄と織田信長は、お互いを良く知っていた。 何故なら、美濃遠山氏が武田と織田に両属していて、情報の受け渡し役をしていたから。 信玄から信長へ、今川義元の動きは全て知らされていた。桶狭間の戦いは、信玄抜きでは語れないものである。
時を紡ぐ~Japan~

信長と家康の同盟はあったのか?

歴史物語では、信長と家康は幼馴染で旧知の仲だったとか、「桶狭間」の後、すぐに同盟関係が構築されたとか、 二人は近しい間柄のように描かれていますけど、それほど近しい間柄では無かったのでは? 寧ろ、余所余所しい関係だったのでは?という雑文です。
時を紡ぐ~Japan~

日本海

日本海を「日本海」と名付けたのは、1805年当時の帝政ロシア海軍提督クルゼンシュテールンです。 世界的探検家にしてフランス海軍の将軍ラ・ペルーズ伯に敬意を表しての名付けです。 日本海の呼称は世界中が公認し、韓国だけはその呼称に発狂する。
時を紡ぐ~Japan~

尖閣問題

尖閣諸島は、1895年に日本国が正式に領土として編入するまで何処の国の島でも無かった。 第二次世界大戦敗北以降の日本は、世界に対する発言力を著しく低下させた。 特に、海底資源欲しさに尖閣領有を主張する中国に対しては全く物申せない。どうなる?
時を紡ぐ~Japan~

「形(型)」の流儀

古来日本には、「型通り」の中にこそ風雅な自由があった。そして、「型」に嵌らない「型破りな人」が出て来ては世界から称賛された。 それを理解し切れない他国から、「自由のお仕着せ」を受け入れた結果、「型破り」な人が出なくなって来ている。